ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

小娘が、、、

小論文の技術を高めるため、勉強会に参加した。


三人一組に組まされ、同じ題で小論文を書き、読み合い互いに批評する。という中身。僕と、僕と同じ歳くらいの女子と、明らかに若い女子の三人。
僕以外の女子たちは、表面を舐めただけの机上的な内容(文章から画が浮かばない)。一方前田は、日常的リアル内容。具体的ってやつ。


汚れを知らない若い方の女子が前田を批判。論文ぽく無いというのだ。僕は内心、「何言ってんだよ、このやり方で去年A判定ゲットしてんだよ」。と思いながらも、「なるほど確かにそうですね、以後気をつけるようにします、ありがとうございました」とした(これは自分の駄目なところだと自覚しているし、最もだと思う)。


もう一人の女子は「面白かった」と言った。まぁ、論文に面白さなんて必要ナッシングなんだけど。

模擬面接の時にも、面接官に「返答がドラマチック」と言われた。


ライブのフリートーク、ブログとおかしな経験値が歪めてるな。


ただ、あの小娘には負けん。萌えた、違った、燃えた。ああいう遊び部分のない輩には負けん。ハンドルに遊びのない車は事故るよ。
[PR]
by gigi666 | 2009-06-22 01:46