ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バイトの話、その他

バイトの話、勝手に三部作・最終章。最後はテレビ。

テレビに一切興味が無い、そんな男が単なる好奇心で始めたバイト。

そこに、ある男がいた。テリー伊藤・鈴木おさむあたりを想像していただくといい。
前田の直接的な上司ではなかったのだけれど、インパクトがあった。かなり魅了された。女性タレントより、彼の方に惹かれた。

打ち合わせの時間には、女性ゲストをネタに、密かに盛り上がった(可愛いとか、そういうの)。
直接的な上司ではないから、気軽に話すことができたのかもしれない。本番前の僅かな時間だったけれど。


その人は、普通に語っているだけなんだろうけど、何気ない一言に勇気付けられた(丁度この頃、精神的にまいっていた)。


「お前みたいな、社会性も力もある奴がふらふらしてるから、この国はあかんねん」
「教師にならんと、こっちにこい」
「俺の息子もお前みたいに、タフにならへんのやろか」


社会の荒波に揉まれ、たくさんの人を見てきた人から放たれる言葉に、本当に救われた。



この人の言葉が、今でも自信に繋がっている。
[PR]
by gigi666 | 2009-07-19 22:11