ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十代のような恋がしたいの

ノリピーと夫のツーショット写真。二人はまるで十代のようだった。夫婦というより恋人のようだった。


覚醒剤に頼った偽物の恋だったけれど、当人にしてみたらドキドキして楽しかったんじゃないか。


大人になるということは、何かしらをしょいこむことだと思う。大抵の人はそれらのことも、自分と同じ1と考えて、軽率な行動をとらないようにと、抑制するもの。


今回のことも、置き去りにされた者を考えられなかったのか。1と考えられなかったのか。1と考えたからこそ、大切に考えられなかったのか。ノリピー自身、家庭で苦労したという。それなのに、この結果。
人生はこれで終わりではない。これからの未来、輝かしいものにしていただきたい。




それでマスコミ。
テレビや新聞で働くためには、かなりの努力がいる。僕のようなへたれは遠く及ばない努力をしてきたはず。結果の今。
それなのに、毎日くだらないニュースばかり。そんなことのために、今までやってきたのか。

音楽と一緒。売れるため、数字がとれるため。資本主義、大いにけっこう。ただし、知能は下がるわな。


この憂いは、過去、新聞記者を目指していたが、今はノンフィクション作家志望へとチェンジした友人としたことがある。
同じ歳ということもあり、一気に仲良くなれた。


あ〜、話それまくった。
[PR]
by gigi666 | 2009-08-13 23:27