ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

面白い映画だったぞな

黒人監督スパイク・リー「セントアンナの奇跡」。

戦争、人種と盛り沢山。なぜか、近所のイオンシネマで上映していたので観に行く。


ボブ・マーリィーの曲でお馴染みの「バッファロー・ソルジャー」の話。アメリ
カ黒人兵のことを、バッファロー・ソルジャーという。大二次世界大戦のイタリ
アが舞台。ナチスや、イタリアの反政府組織ゲリラ集団「パルチザン」なんか
とのやりとり。
どこにも、悪い人がいて、良い人がいる。


監督は「彼らがオバマにつながっているんだ」と語っていた。


というのも、大戦中のアメリカ黒人兵には、いわゆる愛国心や志がないとされて
いた(そりゃそうだ)。でも、白人からは、すてごまのように考えられていた。または実験だと。


作品中にある隊員同士でのやりとり(微妙に、というより全く違うかもしれないが)

「なんで戦わなあかんねん。白人が始めた戦争やのに」

「俺は、家族や未来の黒人社会のために戦っている」


みたいなやりとりがあった。これこそまさに、先日の特攻隊隊員のセリフと同じではないか!!
印象深かった。目の前の敵と戦っているんだけど、実はそうじゃないもっと先を。

また、ニコニコ動画を。ファミマ入店音をアレンジ。勿論、素人。

[PR]
by gigi666 | 2009-10-07 20:52