ロック魂よ、何処へ行く

少し間が空いたということで、気合い入れてガツンと。

年齢を重ねていくうちに、ロックは駄目なものという考え方が強くなってきた。
どういったところかというと。


ロック=反骨、反社会
というイメージ。また、愛と自由。
自由になりたいってことは、自分を大事にしよう。という風にもとれる。個人主義ってやつ。
やっぱり欧米的な考えなのか。


凄く魅力的な響きなんだけど、ピンとこない。フリーダムだ!リベラルだ!なんて歌に盛り上がらない。




僕は、最近日本好きだし。滅私奉公みたいな、自分を消して世の役に立とうぜ、という考え方にぐっときたりする。自分の主張ばかりする輩には、ふんっ!とつっぱねてしまう。


そうだ、前田のロックは消えてしまった。




■エチカの鏡
好きで最近良く観るテレビ。昨日、本のソムリエという人の紹介をしていた。

読み手が本の内容を受け取る皿がないということで、その解釈を与えてくれる人。自分で本を探すことが出来ない人。もっというと、自分の好きが分からない人。
そんな人に向けて、言いたがるソムリエ。

ソムリエが本を介して語るから、聴く方も受け入れる。


僕は、本を探す時こそ至福で、内容の自己解釈に幸福感を得るタイプなので、よろしく。



ロック魂は、あるということで、おやすみなさい。
[PR]
by gigi666 | 2009-10-27 00:43