ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

驚くほどにドラマティック

『のあのわ』の「SPECTACLE」を買ってしまった。
このアルバムは良い。素晴らしいバンド、バンドがしたくなる。う~ん。

初回にはDVDが付いているとかで。9月発売でネットには無かったけど、奈良にはありました。
笑っちゃうくらいドラマティックで、なんていうかファンタジー。一曲、一曲、大事に作っている。順番に聴いていって、楽しい。おぉ!ってなる。

「ゆめの在りか」を聴いて初めて、がつーんときたんだけど。じゃあ、他は?うん、どれもいい。

イケてる感じはないけど、だからこそのポップス感。
驚いたのはメロディー・メイカーが一人じゃないこと。僕は詩を書く人より、主旋律を書く人に惹かれる。
このバンドはギターが主に作ってるけど、キーボードとドラムも書いている。ムムム、惹かれるぜ。


レーベルもSPEEDSTARっていうね。DVDも良かった。大満足の一枚。





今日電車で、忘れ物(バイクの鍵)をおばあさんが見つけて、困っているところに居合わせた。
僕は一人だったので、かっこつけて、「僕が行きます」。
と、意気込んだものの、おばあさんも僕も落とし主を知らない。発車にはあと三分。ダッシュ、「違いますか?違いますか??」手当たりしだい訊きまくる前田。当たり前だけど、世間は冷たいぜ。

くそー!!俺はいったい何してんだ。

そうこうしていて、今度は自分が危ないのでリターン。駅員が見当たらないので車掌に渡す。その人、めちゃめちゃ迷惑そう。
なんだよ、もっとポップに対応しろよ。あなたこそ頑張って行動しろよ。

「京都届けでいいですか?」   

「はぁ!!?奈良で拾ったんだから奈良でしょ、普通。しかも前田に訊くことかよ!!」と言おうと思ったけど、止めた。
前田は頑張れる範囲で頑張った。いい奴を精一杯演じた。息せき切るとはこのことだ。


おばあさんも助かった筈だ。うん、違いない。
[PR]
by gigi666 | 2009-12-07 00:21