ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

等身大の歌を聴く

奈良県・若草山の山焼きに行ってきた。

すると、そこに、「等身大の歌」と謳っているグループの無料ライブがあるというので、知らないけど聴いてみた。
「等身大」って、身の丈に合っているということなんだけど。なるほどな~。

MCで、「守っていくことは、大変」ということを言っていて、そういう歌を書いたと。どれどれ。
ん~、面白くない。

「春は花が咲いて、夏はせみが鳴いて~。季節が変わっても大切なものを僕は守るよ~」

みたいな。
これが、身の丈に合うということか。わからん。
十代が書くような詩だ。「春は花が咲く」って、そこはもうちょっと練ろうよ、アイデアだそうよ。
そうだなぁ、、、

「春は、性的活動が盛んになると言われているという情報に振り回されて、レジ横に並んだ女子にクラクラなんだよ~」
「でも僕は、君と僕の生活を大事にしたいと常、考えているから、妄想で終わらす今なんだよ~」
「そんな僕は、守りなのかな。それとも攻めてるのかな。1300年前の人も多分、思っていたんだろうな~」

ってのはどうだろう。
こんなんが、前田の等身大的な歌詞なんじゃないか。僕は、等身大じゃなくても良いと思っている人間ですが。


では、これで。
[PR]
by gigi666 | 2010-01-25 23:49