路上で敗北感

日曜日、奈良駅前で打ち込み持参で歌ってきた。

初めは、楽しく歌っていた。だけど、途中から二人組みのパントマイムがやって来た。

彼らがパフォーマンスをすると、人がわらわらと集まってきた。
なんと、人だかりができた。

なんと。なんていうか、この敗北感。
前田の前衛的なオリジナルに人が集まるわけもなく、いかんともしがたい敗北感。
そんな面白いこと、しとらんかったで。でも、これでやっていくという覚悟はあったな。

頑張っていただきたい。


景色のようにやってたかったのに。騒がしくなったので、直ぐに止めて帰った。

歌を介して人々と触れ合えるのがいい。僕に群がるのは、小や中の付く輩ばかり。
サービスで「となりのトトロ」を歌ったら、喜んでいた(一番人が集まった、宮崎パワーすげぇ)。
楽しかった、またやろう。


■We Are the World 25 for Haiti
ハイチのチャリティーソング。聴きました??
僕なんかは非常に楽しく聴けたんだけど、駄目な人も居るみたい。
ジェイミー・フォックスが嫌だったり、ラップをみんなで歌うなとか、前の方が良かったとか。
邪な気持ちで聴くんじゃないでしょ。チャリティーなんだから。マイケルも居たはります。
ハイチ出身ワイクリフ(フージーズのリーダーだった人)の頑張りが素敵です(「Sweetest Girl」という曲が熱い)。
ビデオでのスヌープ・ドッグも良いです。とりあえず参加はした的な(後ろの方の背の高い人)。

参加していないJAY-Zは、「マイケルファンとしては、いじってほしくなかった」とのこと。オリジナルで勝負しろよ、ってことだろう。アーティストとして。
JAY-Zはボノと嫁とリアーナで、チャリティーソングを発表してるしね。
[PR]
by gigi666 | 2010-02-16 00:06