くさかんむりとグライダー

■くさかんむり
また言ってくれたぜ、我が心の代弁者。

最近の音楽は、「音薬」なんだって。楽しむんじゃなくて、世のピープル達は癒しを求めてるとか。
だから表現が安易になってくる。劇的で即効性のある言葉を欲してしまう。
直接的な言い方。
「ひとりじゃない」「そばにいるよ」「勇気を出して」等々。

逆を言えば、それだけ寂しい思いをしているってことなんだろうな。
わかるぜ~。


■思考の整理学
という本が面白いということで、読んでいる。
最初に、「グライダー」と「飛行機」の違いを語っている。
勿論、人間のこと。「グライダー」は飛ばせてもらう人のこと。今の日本の教育は「グライダー」を量産しているとのこと。一方、「飛行機」はエンジンを積んで自分で飛行する人のこと。

僕はまだ途中なので、どっちが良いとか分からん。
自分で全てを決めるというのは、しんどい。
僕は音楽に関しては、ボロくても自らのジェットで飛びたいわいな。


くさかんむりは要らん。



また、今はなんでも「コア」を教えすぎだと。そんなものは、大人になって知るべき時に知るのが一番。自らが求めた時に、知ることで初めて消化できる。


なるほどな~。読みやすいわ。


HONDAのCM曲が気に入ってるんだけど、オリジナルらしくて音源無いらしい。
がっくり。
[PR]
by gigi666 | 2010-02-23 22:27