ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

結婚式、大成功でした。

手作りの結婚式。自分達でやり過ぎて、自分達を追い込んだ結婚式。情報量が多すぎて、ブログにまとめられない。でも、書く。

船と星をモチーフに燃えた。

俺友。周りに迷惑は掛けない!と、意気込んでいたけど、しっかりかけた。前田の友は、やる奴ぞろい。言われなければできないやつらではなかった。本当に感謝。昇天しかけた。ほんまにありがとう。
熱い思いがビンビン伝わった。やっぱり互いに高めあっていかねーとな。
特に竹馬の友にはやばい位世話になった。新婦の弟もそうだけど、飲食店(料理系)で働いた経験のある男の動きは違う。眠たい動きしないもの。

gigi。もう四人で居てるだけで、幸福感が得られるのに。また新曲を書けるなんて、最高。リハ無し、ドラム無しの環境でよくやった。ドラムはこの日の為にカホーンを練習してくれた。彼は凄い。器用すぎる。

司会者。やっぱり、凄い男だった。一緒に式をやってみて、彼の凄さが伝わった。本当に、リーダー。きめ細かすぎる。プロ以上のパフォーマンスだった。
世間で言うステレオタイプで既製品のプロが言う、クソみたいな台詞は吐かない。お願いして大正解。

カメラマン。彼は最高だった。写真はだれでも撮れる。でも、人が見て良いと思える写真を撮れるのは彼のような人だ。撮る側の個性が出る写真。それがプロの仕事。

場所。一年前、数多くの場所をリサーチした。そして数々の場所で断られた。でも、この場所は違った。
僕らが望むことを受け入れてくれた。父親のような、包容力・寛容力があった。

新婦友人達。主だった新婦の友人達とは交流があった。彼女達は凄い、企画力、行動力が半端無い。全てポジティブ。そして質が高い。「やる」のが目標ではなくて、「楽しませる」のが目標。そしてそのための準備をするし、エネルギーを注げる。ゴイスーですな。

個人的に。
僕には肩書きやら、容姿の良さやらが低いから、その中で、「あいつはやる奴」感をどうやって出すかに、本当に燃えた。でも、出せた。今まで鍛えたセンスをかますことが出来た。
パイオニアって言われた。入場の「beat it」も盛り上がった。オリジナルも、満足出来るものができた。

最後の謝辞は泣きすぎて、焦った。セーブ出来なかった。
親父が姉のことを言うし、ついノリで言ってしまって、駄目だった。手伝ってくれた人のことを紹介したかったのに。ハッピーで終わりたかったのに。家族ネタには弱い。

強くなってしまった両親への思いと、何も出来ない自分の情けなさと、前田家を受け入れてくれた新婦・新婦両親への感謝と、周りのあたたかさとが、一度にがーっときて、溢れてしまった。


最後に。昨日は頭の良い人、出来る人が沢山居た。
でも、真に賢い人は、他人に合わせない。と思った。俺がルールなんだと思った。
それがかなり面白かった。決まりなんて小事。一切は小事。無常
[PR]
by gigi666 | 2010-10-18 00:27