雛祭りということで

雛祭りといえば、女の子の祭。

女の子といえば、娘・明里。

とはいえ、特になにもせず。

ビービー泣いてる娘を「よっしゃ、よっしゃ」とあやす程度。
おしめを換える程度。語りかける程度。
つまらない冗談を言い続けていると、つまらない冗談を言う子どもになるのだろうか。
ピッチのズレた歌を歌っていたら、やはりズレた歌を明里は歌うはめになるのか。

父親なんだけれど、特に何も。嫁の実家に居てるので、嫁の両親に甘える。
甘える父親。

嫁の父親と幸せな人生は何かという話。
「好きなことを見つけてする」ということに。
うん。そうだね。好きなことを見つけられる人になってほしいよね。
きっと、楽しい人生だよね。
忍者になるのか、ハンターになるのか、海賊になるのかは、明里しだい。
でも、BL好きの腐女子になったらどうしよう。それが好きなことならどうしよう。

でも、父親が前田だしな。心配だな。でも、母親が嫁だしな。
う〜ん。
痛い子になりそうだ。違うな、個性的というのか。
可憐にはならんな。
というより、父親を尊敬するのか。


では、また。
[PR]
by gigi666 | 2012-03-04 00:20