ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

千年未来・リバイバル

僕はこの曲が愛しくてたまらない。

僕は世の中の人に問いたい!曲は歌詞とメロディーでしか評価基準がないのか?ギター、ベース、ドラム、間ではダメなのか。言葉以上の精神性は理解されないのか。

言いたがりの筈の僕がなぜ意味不明な歌詞をつけたのか。
「バースディソング」「ヒーロー」「笑っていきる」(携帯用HP参照)
の歌詞を書いた人間のバンド初音源。時間とお金をかけた最初の曲がなぜ「千年未来」なのか。

なぜ、メロディーがスカスカなのか。

この曲はジャンルこそ、ポップと言われるのかもしれない。だけど、少しもポップじゃない。僕はこの曲に僕の中のアンチな感情を全てブチ込んだ。

言葉の無意味さ。英語も考えたけど、母国語じゃない伝えたい言葉なら英語圏でやらなきゃ意味がない。それがスタイル?思いよりもやはり見た目なのか。

「こうだ」から「ああだ」みたいなのとか。
「ナニナニっぽい」とか。ジャンルへのアンチ!
ありふれた中の自分らしさとか、なんか悶々とした気持ちを。


このブログで何度も書いたけど、僕は言葉の持つ力を信じてるし大事にしてる。
だからこそ、それ以上のものを求めてしまった。
その結果が、「わかりにくい」

メロディーもラップや語りが流行っている現在、詰め込みたがることに反抗した。テンポアップも急激なスロウの中のブレイクビーツに対しての、アンチ!

言いたがったり、理解を求めてしまうことが情けない。
あぁ~、スッキリした☆
[PR]
by gigi666 | 2005-12-15 03:44