ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

彼と別れたい女子大生

朝の電車
満員電車とは言わないが、ぎゅうぎゅう電車

最近お気に入りのベースボールベアー「愛してる」をiPodで聴く

その時、ドヤドヤと停車駅から人が乗り込んできた。僕の立っている後ろ辺りに女子大生二人組が立つことになった
波に乗って新しく乗車したのだ
ベースボールベアーを聴いている上から、彼女ら(といってもそのうちの一人)の声が被さってくる

な、なんやこの不快感は?!分かった!お前の主張を聴き遂げてやろうやないか!こうなったら仕方ない。iPodをオフにして、臨戦体制

女子大生は主張する、バレンタイン前に主張する、公の場で主張する、彼との恋の行方を
「アイツと付き合ったのは失敗だった」
「なんであんな奴と付き合ったんやろ」
「うっとしいわぁ」


そうか、君は彼との恋愛を後悔しているんだね。なら簡単じゃないか、別れてしまえよ。良かったじゃないか、自分の気持ちを自分で気付くことができて。例え言葉と心が違っていても、そんな大きな声でわめいていたら良しとしないね

というより愚痴に具体性がない。どこが嫌かを言えよ、漠然と相手を否定するなよ。君はどれほどの女性なんだい
僕がメンズを代表して拝んでやろうかい?振り向いてやろうかい?
顔の造りと、服装のセンス、立ちふるまいとを観て、初見の総合評価をしてやろうかい?行くぞ!振り向くぞ!!



チラッ!
[PR]
by gigi666 | 2008-01-24 14:28