ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

女心と針の穴

性別を越えるものを感じていたい前田でございます

考え方の価値感の前には、性別は意味を成さないのではないか、と信じたい

しかしながらも理解に苦しむことがある。それは「泣く」という行為
尊敬に価する考え方を持っている女性を幾人か知っている。全員ではないが、恋人や夫との言い争いにおいて、「泣く」という行為をするらしい


この「泣く」という第3の選択とも言える動きを、どのような発想で行っているのか。それが判らない
他の考え方や感性を共感し、尊敬していたのに急に泣かれると途端分からなくなる

僕は評価が下がると考える。先が話せない。感情的になるなら、それは言葉で表すべきだ。その方が遥かに素晴らしい選択


まぁ、カンシャクと同じようなものだろう。僕もカッとなる時だってあるし、僕の場合は、抑えられるのだけれど
それに泣いても良いとも思える。ただ、かっこいいと思えないだけ

僕は女性を尊敬していたいタイプ。そうではない男性もいる、ということはまた別の話
[PR]
by gigi666 | 2008-01-26 02:02