ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フェイバリットをもう一度

とても気に入ったものと同じものを買うのか、どうなのか。


vansのデッキシューズを過去三足持っていた。絶妙なチープ感が気に入っていて、三足とも穴が空くまで履き潰した。どうしてコンバース・オールスターに人気で負けているのか、いつも残念な気持ちでいっぱいだった(靴のチープ感が似ていて、勝手に対抗意識を持っていた)。



現在、お気に入りのリーバイスの綿パンが寿命で、非常にガックリきている。ポケットに穴が空くわ、裾はほつれるわで。



ここで人間は二つのタイプに分けられる。それは同じものを買う人間とそうでない人間だ。

ものの良さと自分とのハマり具合を知っている。他ではない自分。
だけど、それをすると新しいものに触れるチャンスを逃すことにもなる

リーバイスの綿パンを再び買うのか、はたまた違う何かを買うのか。綿パンにぴったりの革のベルトの存在はどうするのか、、、。


という流れを恋愛に結びつける、というのはまた別の話。
[PR]
by gigi666 | 2008-07-25 15:34