ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

飽きる前に天照

ナイスな日本人を垣間見るエピソードがある。

太陽の神アマテラスが岩戸に引き籠る話。
農業国において太陽を失うのは痛い。そこで万の神々は、歌い踊りなどして楽しくやりくりした。
あまりに楽しそうなので、アマテラスは岩戸を開けてしまう。そこを確保されて出てくる。


「これは太陽の再生を描いている。一度失うことで大切さに気付く。」
という感じで読んだ本には書いてあったけれど、僕が面白いと感じたのは神々の行動。


アマテラスは太陽の神なのに怒ってした行動は、引き籠り。無茶苦茶に世界を滅ぼす、といった分かりやすい怒り方ではない。
次に万の神たちも力づくではなく、平和的な手段で解決した。陰の行動に対し陽の行動、太陽の神が陰。
かなりユルイ。


このユルさこそコア。
祭に踊るのは楽しく盛り上がって、陰鬱な神さまにこっち向いてもらう、という狙いと考えてみると微笑ましい。
[PR]
by gigi666 | 2008-10-09 08:01