ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

君と僕との運命の物語

僕は日常的にジョークで、「ディスティニー」と言ったりする。こととは別の話。

僕の友人の友人のそのまた友人くらいの人に、いわゆる干物系の人が居た(過去系には理由がある)。とても良い人で、僕も大好きな人。
だけど、恋愛においてかなり無気力。僕が何を言っても、決まって受け流す。
僕は内心「恵まれた容姿を持ち合わせているのに」と正直、やっかんでいた。


久しぶりに会うと、恋人が出来ていた。その恋人は、「この人にはこの人」というように、カチッと二人がハマっている印象を受けた。
僕は二人を見て、出会うべくして出会った。選んだ果ての結果、上手く落とさず手に入れたと感じた。
ちょっぴりロマンチックな気分に浸った。

これが運命とまでは、思わないけれど。上手くなっているんだ。だから何も焦らなくても、自分と空気が合う人と出会えるんだ。
ようは、欲しい空気を自分も保ち続けていられるか、それだけなんだ。


なんてね~。良かったよ。年下なのに、上から目線でごめんなさいよ~。
[PR]
by gigi666 | 2008-10-19 15:11