ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

朱色の鞄なのである

新しく鞄を購入した、それは朱色の鞄である。

綿100%、質感はまるで胴着のよう、それは朱色の鞄である。

売れ残りのようだがガツンときた、それは朱色の鞄である。

気に入っていたが、破損したカーキ色のトート・バックの後釜、それは朱色の鞄である。


靴を持ち歩く前田にとって、とても重宝する大きさ、それは朱色の鞄である。

朱とは黄ばんだ赤とは心外だろ、それは朱色の鞄である。



ということで、新しく鞄を購入した。めちゃめちゃカッコイイ、¥2300。これはお買い得。ずっと鞄が欲しくて、自分にハマるものをずっと探していた。「丈夫で、大きめで、大胆なやつ」僕には既に長年愛用しているポール・スミス(黒)のリュックがあり、リュック以外でナイスなものをと求め続けていた。しかしどれを見てもピンとこない。ブランド品なんて高級なものは欲しくないし(自分の身の丈に合った鞄を!)。今回のは当たり、ホームラン級。最低五年間~十年間は所持するつもり、それだけのもの。


◆福袋の話
ロフトマンの福袋が抽選に変わっていて、買えないことが分かった。並ぶつもりでいたのでショック。情報戦だな、どの世界も。


この書き方、久しぶり
[PR]
by gigi666 | 2008-12-29 10:52