ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

やっぱり、友達は最高だ。

姉が病気になって、もう3年になる。

姉が病気になってからというもの、テレビ「奇跡体験アンビリバボー」を観るようになった。
なんだか、姉と家族が重なって観えてグッとくる。
テレビで取り上げられるケースだから、本人も周囲も強い。そこでいつも鍵になるのは、恋人だったり友達だったり。

家の場合。恋人も友達も全く訪ねてこない。来ないもんで、居ないものと決め付けていた。
でも、毎年、姉の友人から年賀状は決まって届く。今年も四枚届いた。子供の写真を載せまくったやつで、弟の僕から見ても幸せそうで眩しかった。

発病してからの年賀に返信しなかった。家族で話し合った結果、どう返信してよいのか分からなかったからだ。しかし、毎年のように、返信されないのに出し続けてくれて、今年は返信しても良いのではと思い、僕が姉に成り代わり返信した。

すると電話がかかってきた。「知らなかった」と。
「何か声をかけてやってください」とお願いし、姉の耳に受話器を当てると、姉の反応が凄まじかった。それを隣で見ていて、「友達の力はやっぱり凄い」と感じ、胸が熱くなった。


電話で友人にこれまでのことを話した。すると会いに来てくれるというのだ。
もう、テンション上がりっぱなし。勿論、僕の。
変わりきった姉の姿にビックリすることだろう、どう接してよいのか分からなくて混乱することだろう。でも、会いに来てくれる。消極的な選択ではなく、行動してくれる。友人の勇気ある選択に涙。良い友達が居たんじゃないか。
年賀を出して良かった。ずっと迷っていたし、恐れていた。

感謝。姉も喜ぶことだろう。電話だけでも感動なのに、まさか会いに来てくれるとは・・・
姉の喜ぶ姿が楽しみ。


マジ泣けたっす。毎日、奇跡。
[PR]
by gigi666 | 2009-01-09 11:21