ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 1432 )

娘が成長してきている

僕は、娘の心の動きを知るために今の仕事を選んだのかもしれない。と最近になって思っている父親です。


通っている保育園は認可外にも関わらず、素晴らしく努力をされている園で、気に入っている。娘も嫌がらず通っている。

なんとか娘の父親として、園に協力できるチャンスを伺っているのだけれど、自分から言いだすのは痛いだけなのを知っているので、やらない。
今は信頼を勝ち取りたいと思っていて、愛想良く振る舞っている。いずれその内チャンスがきたら、ポジティブモンスターペアレントとしてデビューするつもり。


4人の祖父母のサポートにも非常に助けられている。
4人とも素晴らしい祖父母で、玩具を買い与えるような物質的なプレゼントはゼロに近いですが、寛容すぎる接し方に、父親としては、頭が下がる。


なかなか楽しい日常だな、と思う。
[PR]
by gigi666 | 2013-11-28 18:30
ピエトモンドリアンの作品をモチーフにしたTシャツを買った。

めっちゃかっこいいわ。

なんかわからんけど、かっこいい。


で、今日、服を捨てた。断腸の思いで服を捨てた。
身を切る思い。


最近、日本語ラップにハマっている。
最近の日本語ラッパーの人たちは、日本語ラップを本当に楽しんでやっていて、それが伝わる。
一番のお気に入りはKLOOZ、AKLOもいい。

全て上手い事言うのです。
全てパンチライン(ラップにおける印象的なフレーズのこと)。
パンチラインがでたら、おぉ!ってなる。
[PR]
by gigi666 | 2013-10-19 15:33
打ち込みのレベルが上がったように自分でも思うのですが、基本的な部分が変わっていない。
というか、歌にしたいテーマがない。
これは、マジで問題だな。


本を 開く  踊る 心
冒険 したり 恋を したり

本当の今と 昔と 未来 空想もあって 自分を重ねよう

知らない誰かの熱にあてられて 世界が輝いてみえる
自分の常識をひっくり返す程の理と言い訳
人が一生をかけて書き上げる集大成を読みたいし
君たちが紡ぐまっさらな言葉と詩と文でわくわくさせて
[PR]
by gigi666 | 2013-10-05 23:26

否定で始まる自我

一歳と半分の娘が何かにつけて、否定してくる。
「いや」
を連発。
嫁も僕も、比較的「no」とは言わないので、否定することの喜びを、与えられたものを拒否するカタルシスを覚えてしまったのか。


ある程度の年齢に達したら人は、反抗期ならぬ嫌々期になるという。


明里はついに嫌々期に突入したのか。
まぁでも、与えられたものにすんなり受け入れてしまうような人間に、なって欲しくはないので、嫌々してくれてよいのだけれど、いかんせん話せないというのが辛い。


理由のない反抗なのか、理由があるのかが分からない。




8月中に新曲を作り上げる筈が9月になってしまった。
時間が欲しい。もしくは、時間を生み出せる物事の処理能力が欲しい。
[PR]
by gigi666 | 2013-09-21 08:42

ひと月ぶりに書く

気がついたらひと月書いていない。
こんなことは、今まで無かったな。

一ヶ月色々あったよ。
おかあさんといっしょのコンサートに行ったり、
手作りハンバーガーを食べたり、
子供が認可外保育園に行ったり、
ヒョウ柄のキャップを買ったり、
砂風呂に入ったり、

あ、大したことしてないな。

暇を見つけては、走る様になったな。
若い感が失われてきている感じがして。

走れば、生命力が漲って、なんていうか、若さが出て来るかと思って。
[PR]
by gigi666 | 2013-09-07 07:24

うぉ、ベロシティ!

ベロシティというのは、パソコンで打ち込む音の強弱のことなのだけれど。

初めて、意識して曲作りをしている。
めっちゃ大事。よくこれをしなくて作っていたな、と思う。
de de mouseのyoutubeで学び、実践。

使っているソフトは違うけれど、dtmのノウハウは身に付いた。

de de mouseは凄いわ。
かっこいいもんな。イケメンやのに庶民的というか、親しみやすい感じが良い。

心の師匠やわ。
高木正勝と並び殿堂入りやわ。

ただ、圧倒的に時間がかかる。
が、音が良い。
[PR]
by gigi666 | 2013-08-10 03:33
僕は文句を言う人が、多分苦手、ていうか嫌い。

しかも、人前に立って。まるで正義のように。


他人のやり方を否定することが、正しいのか。
十代なのか、パンクなのか、かっこいいと、ちっとも思えない。


僕が大人になってしまったんだ、グッバイ、ノーフューチャー。

久しぶりにムカっときた。

次の日。
若者の無知な粗暴さに、ムカっときた。


連続でムカっときた。



あかんね、ムカついてばかりいては。



無知な若者が、友人に対し、知識をひけらかした。しかも相手を傷つけていることに無自覚。

無自覚さに、腹が立った。

普通は言わないけど、友人の顔があまりに怒りに満ちあふれた表情なので、言っちゃった。


でしゃばっちゃった。



はあ〜。なんか疲れた。僕もマジでおっさんになったわ。
[PR]
by gigi666 | 2013-08-03 17:52

前田の認知スタイル

認知スタイルというものがあると聞いた。


これはなかなか面白い。日本人の多数は、左側から物を見る、らしい。
前田の考えでは、日本語が左側から書き始めるのが基本だから、自然とそうなっていくのだろう。

で、稀に右側から認知する人がいるらしい。
だから、人によって物の捉え方には差がある。というんだよ、という流れ。


ふ〜ん。


前田は、残念ながら平凡なので、左側からしか物を見れない人間。そのくせ、なんとか右側から見る人間になろうとしていた人間。
今はそんなことなくても、十代、二十代前半の頃はそう思っていた、確実に。

で、三十代になって、知識と経験で、ある程度の平凡さはカバーできる。ある程度の非凡さを手に入れることができると考えている。

だけど、凄い時間がかかる。理解するのに、理解していると見せかけるのに時間がかかる。


毎年、夏になると、作曲を頑張ろうと思う。
今も思っている。

とりあえず、動かなくてはいけないね。
[PR]
by gigi666 | 2013-08-03 08:55
クロールをめっちゃ頑張って、けっこう上達した。

これね、指導者がピカイチやったから上手くなったね。一人でやっていたら、こうはいかん。

でね、教えてもらった人は、こう言わはるねん。
「言ってることが理解出来るからいい」

ということは、成長に大切な力は何かとなったら、聞く力となるよね。
それを小さいころから、身に付いておけば、器用な人になる。

だけど、一流になるためには、人の言うことを聞いてるだけではあかん。


人の言うことを聞ける人間は、自分で考えるのが、苦手と聞く。逆で、自分で考えられる人は、人の言うことを聞かない。

あぁ、明里はどっちの道を選ぶのか。
[PR]
by gigi666 | 2013-07-26 17:47

残念ながら、娘は可愛い

僕の娘なので、庶民的な娘なのです。


庶民的な可愛さが可愛い。

最近、心理学の「合理化」ということばにハマッている。
これは、できないことに対し、自分を納得させる言い訳を考え、自己の安定をはかるというもの。


娘はなぜ可愛いのか。
という理由に庶民的。この庶民的が合理化ってると思う。もっというと、庶民的に後光がさしている。


僕は庶民だからわかる。
整っているもの、優れていると感じるものには、威圧感がある。
というか、勝手に威圧される。
庶民は、威圧される。


娘は、威圧感ゼロ。万人に対し、威圧しない。


さて、この夏はどこにいこうかな。
[PR]
by gigi666 | 2013-07-15 10:46