ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー

<   2007年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ライブするぞ!

ライブ出演断り続けていたのに、すいませんやりますin MOJO

というのも、講師登録すれば平日アウトだから、MOJOではやれないと思った

講師になれば、学童保育もちゃちゃちゃっも終わり


MOJOでのライブ納めのつもり。好きなライブハウスだし、やっておきたい

11月1日(木)今から楽しみ

◆後輩の結婚
昔のバイトの後輩から電話があった
「結婚するから二次会参加してほしい」とのこと
僕とはたかだかバイトだけのつながりだったのに、、、感動!
[PR]
by gigi666 | 2007-08-31 19:50

ワルツを踊れ

くるりのCDタイトル
その中に「アナーキー・イン・ザ・ムジーク」という曲と、「言葉はさんかく こころは四角」という二曲
「言葉は~」は映画に使用されたくらい良い曲
一方「アナーキー~」は喋ってるだけの曲

くるりのフロントマン岸田氏。僕は彼のことを全く知らない。だけど「アナーキー~」という曲の方が彼らしさが出ている、彼の人間性(顔つきのまま)


その視点で見てみると面白い。理想の曲と素の曲
勿論、人間は一面だけじゃなく多面であるから面白い

自分に合った曲を作れる人は強い、自分が一番出る。自分が一番出るインパクトは理想を型どった他とは違う
その一番出るインパクトを理解し、育てていけたなら素晴らしいだろう



最近、友達の作った曲を立て続けに聴いた。みんな一年やそこらの仲じゃないから、人間性や今にいたる過程も知っている
そのバックボーンを知っていると違う

かっこつけてるとか、エラい赤裸々やな、なんて思う

歌詞だけじゃなくて、メロディ、歌い方、アレンジでも如実に出る


人間臭い不安定な曲を書く人、好き。応援したくなる、そんな人が何曲も作って、自分に合った一曲を作れたとしたら


大興奮!
[PR]
by gigi666 | 2007-08-30 11:13

からまれる男と眠る女

電車ネタ

電車に揺られている前田
同じ車両に今風のヤンキー、ギャル男の四人組が乗り込んできた。大きな声と床に座り込む(かなり目障り)


僕の目の前には二十代のカップル(二人とも大卒社会人2、3年という感じ)

「見て笑ってたやろ」とヤンキー(からまれてるよ、カップル。てかヤンキー、面白くないから安心して。不愉快なだけよ)
「どっか行けや」とカップル男(でたよ、男のプライド。やめときなよ、君。張り合っても、損するだけ。と言っても、実際笑ってたしね)
「女の前でエエ格好すんなや」とヤンキー(男だったら、当然でしょ。君は違うのかい。僕みたいなチンケな男はエエ格好、しまくりたいけどね)

みたいなやり取りを何駅間も繰り返していた
動きがあれば、止めに入らなあかんかな。一応、教員志望だし。運悪いな、などと考えていた

結局、何もなかった(ないんかい!ほな、すなや!)


なにもなくて良かったね。みんな若いし熱い



周囲は、何事もないかのよう
その中に凄まじく眠る女がいた(お姉さん、油断しすぎですよ)
九ノ字に折れたり、頭を壁に打ち付けたり(ゴン!って、めちゃめちゃ大きい音)

が、ヤンキーとカップル男は二人の世界


みんな、自分に夢中なんやね。僕は君達に夢中よ、君達の自己主張を見届けてるよ(ネタにするためにね、クックック。でたよ、腹黒前田)


茶番劇をありがとう
[PR]
by gigi666 | 2007-08-29 09:36

年下の女の子

年下の女の子、苦手


年下の女の子は無条件で可愛い。可愛いがゆえに苦手


というのも、からかい難い。必要以上デリケートに扱おうとしてしまう

けちょん、けちょんに凹ませてやろうとか、可愛がってやろうと考えにくい
年下の女の子には、可もなく不可もない一番つまらない対応をしてしまう

タフな子は別


先日もバイト先に二十歳の女の子が入り、前田が先輩気取りで教えていた
彼女は僕の冗談や、回りくどい言い回しが理解できていないようだった
もしくは理解はしているが、対処に困っていたのか

かなり気合い入れた。軽口封印、普通に話す練習


そうそう始めから普通でいけよ、だって超困ってたじゃん
[PR]
by gigi666 | 2007-08-28 09:09

言い訳だって試される

六波羅蜜寺に行った後、友達のワンマンライブに行く

同じ歳で青春パンクのボーカル。彼の歌は青春そのもの(題は彼の詩の一部)


彼の知人のボーカルが自殺したらしい。そして彼も色々と感じるものがあるようだった

十代の頃は目の前に必死になる。思い込みが全てで、逃げ道は皆無。正論や理屈なんて、二の次、三の次(大人からすると、なんでこんなことに必死になんの?!ということでいっぱい)

だから辛い。長年、青春だというのなら長年、逃げられない
子どもは決まり事にはストイック。大人はルーズで灰色の判断ができるもの。しかし子どもにはそれができない。目の前の問題に向き合うしかない、それができないと自己を否定された様に感じる

彼の歌を聴きながら十代のことを思い出した。出来事より考え方を


彼が音楽を続けるには結果を出すしかない。それ以外の方法はあるけれど、それを納得できないからロックでありパンクなんだろう


友達は僕に「死ぬな」と言った、死ぬわけないじゃん、


面白かった!ありがとう!!また行く、ワンマンでよろしく
[PR]
by gigi666 | 2007-08-26 23:41

ビデオ再生のバイト

ビデオの再生をしてお金をもらってますinKBS京都


あんまり話さないので、今日は書く!番組名「京都!ちゃちゃちゃっ」

全国ネットの有名人は来ない(というかどうでもいい)。そんなことより、サブカルなネタやマニアックな雑学をサクッと身近に感じ、そして知ることができる

先日も世界中の笛を集めた笛マニア(ジャガーかよ)がゲストで、面白い笛を聴くことができた俄然ウカレた(生演奏、ウオー!スゲー!!)
だって、簡単には聴けないぜ?!それも金も出さずに
南米産の笛やらアイリッシュの笛やら気合入れて持ってきすぎて、全部紹介できてへんかったのも良かった



毎回のゲストも喋繰りのプロじゃないから、反応は様々。話が上手い人が出て来たら、番組内容がカラフルになる。これはほんま感じる。それだけトークというのは難しいんだって思う



京都の番組なので瀬尾まいこ先生(坊ちゃん文学賞・吉川栄治文学新人賞)、キセル(京都府出身、辻村兄弟ユニット。最高)、高木正勝(亀岡の異端児)の誰かゲスト出演せーへんかなぁ
UNCHAIN(京丹後出身の若手バンド。めちゃエエ)もええ、綿谷りさ(鼻持ちならん感じやけど、どんな面かみてみたい)なんてのもええなぁ・・・
若すぎるし、何よりちゃらいか。それにもっとコアに現地に密着してんとあかんか


去り際と番組内容を楽しみにしながら、端っこに身を置いて再生ボタンを押しています


PS.録音もしてます
[PR]
by gigi666 | 2007-08-24 21:05

ひたすら、泳ぎだせ

昨日、プールに行った。室内


レーン分けされたコースをひたすらに泳ぐ。泳ぐのなんていつぶりだろう。スタミナがなく、かなりキツい
正しく泳ぐとはどういうことか
無駄を省いたフォームとリズム感か。では、何が無駄なのか。負荷をかける時、そうでない時


自分で考えながら、隣のスクールに聞耳立てる
生徒は子どもとおばあさん。フォームはキレイでスタミナバッチリ。次回はもっと予習をして知識を付けていこう


目標は、正しい平泳ぎと正しいクロール。速さ、距離はオマケ。来週また挑戦


今日は狙えませんでした、ゴメソ!
[PR]
by gigi666 | 2007-08-24 08:53
松坂世代な前田と横綱でございます


どうでもいい問題すぎるだろう。こんなにも長引かせるなよ
国技というが、始末の悪い権力者のような姿が如何にも日本的

狙いも分からない
一番は横綱自身か、ファンか、相撲協会か

どれもうやむやにして、焦点をボカすのが狙いか(こんなことを狙うなんて低すぎ)

どれか一つに絞れば、気持ちスッキリする



あと、自分の非を受け入れる、ほんまに下手。悪い部分を守る。引き際の美学ってのもあるぜ

ごめんなさいも言えない人は、本当に可愛くない。それだけ狭い世界にいてたということか



でもまあ、同じ歳だし頑張ってもらいたい


日本中が思っているであろう、おっさん連中の悪さ加減。まるで悪代官



つまんねーこと書いた、佐賀北の激勝よりこっちがピックアップされていたのがどうもね
[PR]
by gigi666 | 2007-08-23 09:06

お熱いのがお好き

口の中の上辺りをよく火傷する、アチチ


熱い食べ物は熱いうちに食う!
スープ、鉄板焼、チーズ
果敢に挑む、アチチ


書いている現在も、レンジアップ(?)した菓子パンで火傷している最中、アチチ



ところで、世の中には「猫舌」なるものが存在するニャー
前々から考えていた、猫舌は病気なのか。いやいや、ガッツがないだけなんじゃない。だって食うことはバトルのはずだニャア


ずっと猫舌の存在を否定してきた。しかしよく考えてみると、自分は猫舌なのかもしれない
「猫舌だから食べれない」なんて言ったことないけど、結果として火傷している、、、

駄目じゃん


食べる前から諦めるなんて、戦う前から逃げるなんて、そんなことできない!




てゆうかただの好みでしょ
[PR]
by gigi666 | 2007-08-22 09:10

独りバス嫌い

バスが嫌い。バスに乗るくらいなら歩いたろかい!て思う


何故嫌いか

それは座席の倫理

座る、座らない。譲る、譲らないの葛藤
バスは狭い。電車と比較すると1両分。電車車両数台分凝縮した葛藤


これが非常にめんどくさい

空いていれば座り、譲りたくなれば譲れば良い。 ただそれだけのこと
社会的弱者には優しくしなくては、しかし彼らは果たしてそれを望むのか。僕が彼らならどうだ・・・、本当の優しさとは


また僕は若く、そしてどうしようもなく男。男はかっこよくなければいけない、しかし前田はかっこよいというタイプではない。だからといってかっこよさを放棄したわけではない。かっこよくなりたいし、かっこつけたい。自分なりのかっこつけ方を模索したい

かっこいい選択はどうよ。なんて思う

しかもA型。しなければ、と考える。その上真っ直ぐタイプではないため、考える。頭で考えるより先に感じた様に行動しろなんて、ブルース、無茶言うなよ




てな具合に色々と面倒
全部ひっくるめて放棄


それが乗らないという選択
[PR]
by gigi666 | 2007-08-21 08:43