<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

嵐のファンということ

僕の友達に嵐の大ファンだと公言する女の子がいます

その姿勢は凄まじく、尊敬の念すら抱かずにはいられない

先日、嵐のリーダーである大野くんが個展を開くということにより、 行って来たという(友達は大野くんのファンで、場所は勿論東京)

この個展というのは、六時のニュースに取り上げられるほどの注目度
人気は先の通り。混乱を避けるため、整理券が発行された。また、この整理券を手にするために徹夜をすることは認められておらず、始発電車以降の参列が条件として事前に知らされているようだった

そこで友達は、前日から東京入りをし、駅や会場の下見、宿を取って当日に望んだ

そして、整理券を見事、手にしたの。その番号とは、なんと「1」

考えられない。写メで確認させて貰ったところ「0001」となっていた。つまりは四桁の人数分用意されていたということだ

次回、開かれる時には抽選になるようだ。だからこのようなことは出来ない。情熱を形にするには難しい、だから今回限りの結果

この情熱から生まれる思考力と行動力は並じゃない


ファンというものは、こういうものか。僕にこれほどの情熱で、向かい合う何かを持っているかを考えてしまった
[PR]
by gigi666 | 2008-02-29 09:01

サイボーグ俺達

HALCALIという女の子2人組のグループの「サイボーグ俺達」というアルバムがあるんだけど。これがかなり良い。全曲OK!みたいな、最近では珍しいCD

ケンコバから始まり、バーバル、DJフミヤ、宇多丸等々の楽曲提供陣

上手いかどうか、可愛いかどうか、、、となるけど

やっぱり上手いし可愛い


桃源郷
ラーメン屋の前の固定カメラで歌っているだけのプロモ、OKGOのパロもあってgood!

It's PARTY TIME!
日曜日よりの使者を使っている曲、全部ゆるゆるだけど特にゆるゆる

LOOK

Twinkle Star

Tip Taps Tip



これ全部入ってる音源だから
[PR]
by gigi666 | 2008-02-15 22:40

バレンタイン炎上

バレンタイン熱にのっかってチョコを買いに走る前田

バレンタインは明治の陰謀で、女性→男性にあげるとふれまわり、それが定着した胡散臭い習慣。律義に従うと思うな



人に聞いたりして、結構マジに美味いチョコを探す
一人に聞いたら、次の日には何人かに広まって、「手作りチョコをプレゼントする前田、手作り方法を聞き回る」という伝達ゲーム化してしまっていた



そんなこんなで、チョコ屋に目星を付け買いに行く


京都にあるBRUN BRUN(味もいいし、包装もナイス)という店。もち店内は女性だらけ、その中で前田一人。「女性だらけの店になんて入れな~い」と、意思の弱い男と思うんじゃない、目的があっての行動



あの可愛い店員は、僕を男好きと思ったろうな
[PR]
by gigi666 | 2008-02-14 09:22

寒波と原チャ

原チャは走る、粉雪の隙間をぬって。変化ない景色と、動きの遅い雪とのスローモーションは、僕と原チャの行く手を遮る


とにかく寒い。「一番寒い日は今日」というくだりをいつかの天気予報で聞いたことを記憶している。この寒波は寒波界の裏ボスにあたるのか
原チャに乗っていると、次第に感覚がなくなってくる。それが耳だったり指先だったりするのだけれど、どうやら下半身よりは上半身に感覚のない感覚は集中するようだ
橋の上に差し掛かると、いよいよピーク。感覚のない部分がそれぞれ別の個体物のようで、このまま走り続けると、崩れたジェンガみたいにバラバラになるのではないかと思うほど


視覚的な寒さは悪くないけれど、感覚的な寒さは苦手みたい
[PR]
by gigi666 | 2008-02-13 09:20
最近というより、前から思うところがある

「キレる」
という表現。僕はこの表現が嫌い。大人が使っていると、イラッとする

何故か
この「キレる」という表現には「俺らとは異質、ガキがイカれてんだよ」。という他人ごとのような意思を感じてしまう

すぐにキレるとはいうけれど、一昔前には「ヒステリック」「癇癪」という素晴らしい言葉があった
それらをスルーして、他人を遠ざける感覚が嫌い


こんなもんは昔からあんのよ。全国共通なのよ。言葉のことで他にも細かくあるけど、これが一番無い
[PR]
by gigi666 | 2008-02-12 13:52

歓喜の歌を見に行くべし

今公開中。立川志の輔さんの落語を映画化したもの。マジお勧め

見て良かった。僕は後味のスッキリした人情ものが好き


世界最速のインディアンと立て続けに前田ヒット



映画は映画館で見ることを目的として作られているから、やはり映画館で見ないといかん
そう、映画館
例えばこの映画なんぞは、元が落語なわけだから、作り手の立場からすると「笑うべき」として作られたもの。しかし客は笑わない

映画には洋邦問わず、笑いどころが存在する。しかし客は笑うことをよしとしない空気を漂わす

泣くのは良し。とはどうなの?泣くより笑う方がよくね?泣くのもいいぜ、そりゃあよ、しかしそれはそれとして
笑うべきところで笑わないなんて、変や!
泣きも笑いもしない人は、どういった楽しみ方をして映画を楽しむのか。役者の演技か、脚本か、監督の意思か、演出か、音か。そこに感情はないのか?!そんなことを考える前田がイカレているのか


盗撮撲滅キャンペーンも勿論大事やけど、感情を抑制しない観賞権の主張をアピールすべき


あと1800円(この値段で見ない)はやっぱり高い。せこく割引するんじゃなくて常に一律千円にして、コストパフォーマンスみせて盛り上がってもいいんじゃね
[PR]
by gigi666 | 2008-02-12 01:46

男の物語

面白いと、読みやすいと言える男臭い本がある

単純に感情を刺激してくれる。「草莽枯れ行く」という本。何年か前に読んで、あまりに面白くてたまげたのを覚えている
だからまた読んだ。最高だった、僕はこの話が好きなんだと改めて思った

話は幕末。赤報隊隊長・相楽総三を軸に、清水の次郎長、新撰組・土方歳三などが話を盛り上げる

命のやり取りにドキドキさせられる。二回目も泣けた


毎日10分勉強、独学のスピーチなど、自己啓発系の本よりよっぽどいい。司馬さんの本より読みやすい。人間味が強い

僕はこの本で歴史小説と幕末にハマった。一回目は知識が無かった。それでも興奮した、なぜなら登場する男達がみなかっこいい


映画化もドラマ化もされてない。こんなに面白いのに、、、
何をメディアミックスしとるのか、何をリバイバルしとるのか。こんなに熱い物語があるのに
[PR]
by gigi666 | 2008-02-08 01:21

大好きBlue Man Group

めちゃかっこいい!The Whoのカバーなんだけど、ぶっ飛んだ
ほんまにええな、、、好きやわ。せやし載せとこ


Blue Man Group「Baba O'Riley」
[PR]
by gigi666 | 2008-02-01 23:55

NO,1へのキラーパス

子どもは大抵「自分が一番」と思っている。小さければなおさらキング&クイーンだ


これは子どもたちと「なんでもバスケット」なる遊びをしていたときの話だ
なんでもバスケットというのは、円陣を組んだ椅子に座り、オニが真ん中に立ち、オニがある条件を出しその条件に該当する人間が立つ、というもの


大人二人(その内の一人が前田)と子どもたち
楽しく盛り上がっていると、知人(もう一人の大人)がオニになった時に事件が起きた

「自分がかっこいいと思っている人」
という条件と出した。すると子どもらは静まり返り「俺たちではない」という空気を出した
待て待てお前たち、さっきまでの気迫はどこへやったんだい?いつもの自信とプライドの高さをなぜ見せ付けない

そして前田一人が立ち上がり聞いてやった
「思ってないの!?」
彼らは言う
「思ってへん」


オー!マジか!!?
[PR]
by gigi666 | 2008-02-01 22:39