ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー

<   2008年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

友達の裏切り

友達の裏切りについて話した

僕達の世代でいくと、友達歴十年を越すツワモノが存在する。十年以上も友達をやっていたら、そいつのことが色々分かるもんだ。僕とハギもそろそろ十年。



ある人から聴いた「友達の裏切り」談は驚くべきものだった。
ある人とその友達は高校以来の仲で、十年以上も友人関係にある。ある事件をきっかけに、友人の裏切りを感じたようだ。もう関わりたくないようである。信じれないとも言う。


これは、自分の中の友人像と、リアルな友人とのズレを感じたせいだろう。「思っていたのと違った」ってやつ。長年思い込んでいたのだからたちが悪い。
今までそいつのことを深く知ろうとしなかったのか、盲目だったのか。行動を想像できなかったことに驚いた。


そして僕はこの話を聴いて、恐いと思った。お互いに自分を見すぎて、友達の黒い部分を見れていなかったのだ。
今っぽい。非常に今っぽい。
駄目なところも受け入れて、友達って感じだけどね。駄目だからといって、友達辞めにして次にいく。っていうところがね、楽な感じじゃない。今っぽいよ。うん。良い人なんて、その辺にうじゃうじゃいてるし。こだわると面倒だしな。

本音は友達として頑張って欲しい。そいつのことを見捨てないでやって欲しい。きっと自分も成長するから。
[PR]
by gigi666 | 2008-07-31 23:59

ドンマイ、眼鏡ボーイ

僕は本当に電車の中が好きなんだと思う。知らない人と同じ空間を共にし、同じ時間を過ごす。しかも、キャラやジャンルはバラバラ。無防備な人が多い。色々とツッコめるとこがあって、無視できない。



これは僕がかなりの空腹時に電車に乗っていた時の話


僕は入口のすみに立っていた。とその時、誰かが甘いガムを噛んだ。そうとう甘い味のするやつだ。においが酷い。¥100そこそこのにおいに、僕の五感はやられた。腹が減りすぎて、卑しい人間になりさがった。もしこのままこの電車の扉が永久に開かなくなったとして、僕はガムの持ち主に「ガム頂戴!」なんて体たらくな言葉をはかなきゃいけないのか。いや、死んでも言わん。心では欲しいと思っても、状況が僕を追い込んでも、僕は僕を守る。ボロは着てても心は錦なんだ。

なんて思ったか思っていないかは、置いといて

電車が駅で停車して、ダーっと人が乗り込んできた。しばらく経って、一通り乗り終えたらピーっと笛が鳴った。
その時、ダ、ダ、ダっと眼鏡をかけた青年が走り込んできた。走り込んできたが、彼の性格が災いしてか、閉まるドアの間に身を出すことはせずドアは閉まった。僕の目の前で。

残念そうな彼の背中をおいながら、電車は出発した。。ドアを止めてやればよかったと、少しの思いを駅に残して。
[PR]
by gigi666 | 2008-07-29 18:58

今日はクソ暑い

電車の中ですが、かなり暑くて干からびそうです。僕はそんなに汗かきではないはずですが、電車代をケチって歩き倒したせいか、ハンパないです。

そんな外の景色にバイクを押しながら歩く青年を目にしました。日陰もガソリンスタンドもなく、悲惨な姿でした

終わり
[PR]
by gigi666 | 2008-07-27 13:31
とても気に入ったものと同じものを買うのか、どうなのか。


vansのデッキシューズを過去三足持っていた。絶妙なチープ感が気に入っていて、三足とも穴が空くまで履き潰した。どうしてコンバース・オールスターに人気で負けているのか、いつも残念な気持ちでいっぱいだった(靴のチープ感が似ていて、勝手に対抗意識を持っていた)。



現在、お気に入りのリーバイスの綿パンが寿命で、非常にガックリきている。ポケットに穴が空くわ、裾はほつれるわで。



ここで人間は二つのタイプに分けられる。それは同じものを買う人間とそうでない人間だ。

ものの良さと自分とのハマり具合を知っている。他ではない自分。
だけど、それをすると新しいものに触れるチャンスを逃すことにもなる

リーバイスの綿パンを再び買うのか、はたまた違う何かを買うのか。綿パンにぴったりの革のベルトの存在はどうするのか、、、。


という流れを恋愛に結びつける、というのはまた別の話。
[PR]
by gigi666 | 2008-07-25 15:34

SF小話をキッズに

「子どもに読ませたい本」、として星新一のショート・ショート(超短い小説)が良いと聞いて、ブックオフで¥100で購入。そして読む


良くできていて面白い。抜群に読みやすい
これを読まずして大人になったか、無念

ユニークな発明品やロボットが出てくる。オチもしっかり考えてある。登場人物はアルファベット(名前は何でも良いってのが良い)。けっこう、数があったのでガンガン読んでみたい



先程のニュースで、父親殺害の少女の部屋から漫画を押収。という情報のバックにモザイクがかかっていたけど、「ひぐらしのなく頃に」が映っていた
丁度最近、その世界ではハンパない人気(メディアミックスされまくり)と聞いて、その作品を知っていた
この話は本当に怖い。途中で読むのを止めた


「よつばと」だったら、こうはなっていなかっただろう
[PR]
by gigi666 | 2008-07-23 00:05

欲しいのはストリート感

認めるしかない今年28歳
大丈夫かオレ。このままでいいのか。自己紹介も交してない初見の23歳ガールに、「しっかりしてる」なんていわれて



負けねえぞ、老けねえぞ、あらがうぞ



てな感じで、若さを演出するにはストリート感


ハデなキャップが欲しい



でも今はそんな時じゃねぇ
[PR]
by gigi666 | 2008-07-20 23:31

姉のバースデー

僕には二つ上の姉がいる。病名の分からない神経の病気にかかって二年になる


鬱、多発性硬化症、脳卒中、大きな病院をたらいまわしになって、検査につぐ検査の果てに出た答えは「分からない」


ニュースに出てくる病人より、よっぽど酷い
話すことも立つことも噛むことも、何も出来ない。寝返りもうてない

人間らしさは、笑うことと泣くことのみ
身体だってガリガリで、ガイコツのようだ


夜になると、痛いのか辛いのか悲しいのか、奇声を発する。それを毎日聴くと気がおかしくなりそうになる
でも、姉につきっきりの母は何も言わない。母が言わないのに、どうして僕が言えようか


僕が姉を風呂に入れる役目。まさか、こんな日常がこようとは
姉は昨日誕生日で、三十路になった


姉は僕と違って、本当に真面目で普通の女の子だった。学生時代は生徒会やキャプテンをつとめて、絵のコンクールに入賞するような。調理師と栄養士の資格だって持っている


本当なら、当たり前の幸せを当たり前に手にするべき人間だった。どうして僕じゃなくて姉だったのか
一時期、口の訊けない姉が「どうして私だけ。お前はなぜ大丈夫なのか」と語り掛けているようで、なんとも言えない罪悪感にさいなまれたこともある

未来なんて分からないし、考えられない。姉との1日、1日を大切にしようと思う


お姉ちゃん、誕生日おめでとう
[PR]
by gigi666 | 2008-07-18 23:22

国際交流ボランティア

英語もろくに話せないのに、参加して四年目になる


続けるというのは本当に難しい


自分自身が不安定なのに、人のために動くなんてどうなんだ。でも、辞めるなんて簡単で消極的な選択を選びたくない。選びたくはなかったけど、選んでしまいそうな自分がいる



それはそうと、ラオスの女の子がマジで可愛いかった。笑顔に癒された
[PR]
by gigi666 | 2008-07-18 22:46

久方ぶりの美容室

正しさと清潔感を演出すべく、何年ぶりかの美容室に行ってきた。
実は美容師との会話が苦手。それが原因で行かなくなったほど(自分に興味がなくなってきたというのもある)。

まどろっこしい会話などする気なく、流れに身を任せるはずだった。そのつもりだった。
しかし勝手が違った。その美容師は話しかけてきたのである(話しかけて欲しそうにみえたのだろうか)。
本来なら無表情に「えぇ」「はい」「まぁ」といった最低限の相槌をするだけ。それだけだったはずなのに、まんまとのせられてしまった。


原チャに乗ってきた。というくだりから、十津川村吊橋・原チャ横断エピソードに続き、恐怖とは・絶叫マシンの話etc
結果、長々と話してしまうことに。


ちゃんと笑って欲しい時に笑ってくれたしで、楽しかった。苦手意識のあった美容師との会話も、改めることができた。
[PR]
by gigi666 | 2008-07-16 23:33

アイ・ラブ・マイバンド

三ヶ月だけのマイ・バンド「dontico」


みんなにはみんなの野心があったと思うのだけど、僕にも勿論あった


それを一曲に込めた。三ヶ月しか無い中で、必死になって曲を書いた(時間、労力等々を考えて破棄した曲の屍の上に立つ)
ポップさの中に一癖も二癖もある、でも無茶じゃなくスッと入る曲
今回はボーカルメロディのリズムに焦点をあてた。A、Bとサビで演奏とのバランスをはかった


歌詞の内容は、自分の持つ影の部分と、相手に求める光の部分とで、色と形を作ってイイ感じにやろうぜ。というもの(この時、独りで打ち込み過ぎて寂しくなって凹んで、作曲の喜びを共有したかった)
輝きを演出するには影も必要的なことを、それはマイ胸中にあったじゃん的な。光はお前たちなんだぜ的な

前田の情熱をマッツさんに歌ってもらう的な。みんながいて完成する的な。どうよこのB級メロドラマ思考

あの歌詞でここまで読み取れたら、前田検定一級。三ヶ月で燃え尽きた、あのモチベーションは今後ないよ


今、メンバーがレコーディングを頑張っている。ぎゃんばってくれ!力になれずにすいません
[PR]
by gigi666 | 2008-07-14 01:48