<   2009年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

さようなら2009年

今年も沢山の素晴らしい出会いがありました。

僕は29歳という年齢でありながら、仕事に対する自信がありません。だって、何も始まっていない。まだプロローグ。
僕が思うに、大抵の成人男性は、職に就いて、3年経てば、「おっしゃ!大抵のことは大丈夫!!」というモードに入る。
そして、その自信からのたくましさからでる日常的な男らしさに、僕は憧れ、そして嫉妬し、もやもやする毎日。


それでも、楽しんでやろうと。たまに出す、攻めの心。僕は、「8情けなくて、2かっこよければしめたものと思うようにしている人間なんで」と、自分を励ます。

うん、根拠の無い未来への自信。ありがたや、ありがたや、身の回りの人たち。まだまだ、情けなさは継続されるけど、決めたいね。決めなきゃね。自分自身と周りの人のために。

心残りは、ラップ・ソングを完成することが出来なかったこと。

↓ホグロフス・コーカーのデイバッグ。
e0049078_17184655.jpg
[PR]
by gigi666 | 2009-12-31 17:26
今年も色々あった。畳み掛けて色々あった。12月のニュースでビックリしたのは、なんといってもフジファブリックの志村君が死んだこと。

なんてことだ、一昔前のアイドルみたいな素敵なルックス。
ユーモアのある歌詞。フジファブリックのシングルはどれも素敵で、超お気に入りだった。
「陽炎」「虹」「茜色の夕日」。

フジファブリックは確実にいいバンドで、志村君は確実にいいボーカルだった。メロディーも言葉も彼のものを持っていた。もっと、色々聴きたかった。


で、今のお気に入りは。ヒゲドライバー「マイティボンジャック」。
他の曲は、そんなにグッとくる曲ではないので、「iTunes Store」で一曲200円でゲットできる。
MIXが2曲あって、どちらも良い。



消防団の年末警戒というのに参加してきた。今年初めて知った。こんなことをしているなんて、ずっと知らなかった。見回り、見回り。
なるほど~。


ドラマ「坂の上の雲」。総集編みたい、展開速すぎ。それで、二部は来年とは、まさか!!早く観たい!!


で、ジャンプ。
ハンター×ハンターが復活。多分、コミックス一冊分は連載するのではないかという予想。
コミックス読んだけど、やっぱり面白い。なんていうか、緊迫感。作者が上手いと思うのは、キャラとキャラとの実力差の描き方。どうやったら勝てるねん、って本当に思わせてくれる。
もっと面白いのは、ナルトの作者との対談。色んな意味で面白い。


年賀状を書きまくる。パソコンが壊れたので、勿論住所録も消去。家族全員分を一人で書く。
今年は姉の分も書く。お礼の一言を添えて。ここ二・三年、年賀状なんて書く気にならなかったんだけど、ようやく前田の精神状態も安定してきたので、がつんと。

アバター観たいね。ジェイムズ・キャメロン。この人は凄い人やと思う。ファンに暴言吐いたとかどうとかネタにされてるけど、そんなんOK!だって、凄いもん。
押井監督も、凄いと言っている。んじゃ、凄いんだろう。どう凄いのか、観てやろう。多分、技術的なところだと思うし、感じにくい筈。だが、頑張る。頑張って観る。何が凄いのかを。




まぁ、そんなところかな。
[PR]
by gigi666 | 2009-12-30 14:55

最高のデイバック

大学時代に使っていたデイバックが、友人のバイクの後輪に挟まり、残念になってしまって早幾年。


ついに、二代目デイバックを購入。


今回の購入にあたり、ものを探しまくった。アウトドア・ブランドは勿論、それ以外にもガッツリ探した。

で、結局最終的な二択。

フェールラーベンか、ホグロフスか。どちらも、スウェーデンのアウトドア・ブランド。


最終的にチョイスしたのは、ホグロフス・コーカー(赤)。

フェールラーベン・ディペンドラーか、めちゃめちゃ悩んだ。だって、ディペンドラー、最高にイカしてる。大人のランドセルというか、機能的というか、そもそもデイバックではないというか、個性的というか。とにかく、小旅行にはぴったり。一回、見て欲しい。かっこいい鞄やし。この鞄の最大の売りは、「座れること」らしい。そして、タフ。


でも、選んだのはコーカー。

これ、めっちゃかっこいいです。ネットにて奇跡の15%OFF。赤×黒の色味が素晴らしい。そして、都会的なビジュアル。面白い横開き、セミハードボディーの20L。「デイバック」という肩書きを最大限に表現している。残念なのは、防水ではないということ。


しかし、一目でがつんときた。惚れた。物欲は、無くなりません。


背負うと、ガンガン歩けそう。やっぱり鞄はリュックにかぎる。ほんま、うきうきする。




でも、今日。友達に自慢したら、、、

「これめっちゃかっこいいやろ!」
「おう、そのジャケットええな」

という残念な会話になってしまった。とほほ、、、
[PR]
by gigi666 | 2009-12-29 02:27

芸は身を助ける

ピンチでもなんでもないですが。

助けるねぇ!歌は前田を助けまくるねぇ!!


一曲で終わる筈が、、、終わらない!!
前田のフリートークが良いらしく、熱い歌が良いらしく、しなやかな動きが良いらしく。


誉めまくってもらえた。嬉やねぇ。


この、能動的に動いた前田の強さ。日頃とのギャップ。いやいや、得してる。


アイリッシュ風の「大きな古時計」、変拍子の「虫の声」、ルーツ・レゲエな「パフ」。


うん、明日も歌うぜよ!!!
[PR]
by gigi666 | 2009-12-25 19:45
もう、本当にたまらん。この人は。この「*ハロー、プラネット」のPV。
曲を作り、PVも作る。マジで神。音は分かるが、映像をどうやって作ったんだ!!

この話も、よく出来てる。どういった話かというと・・・


核か何かで滅んだ地球。そう、「猿の惑星」「火の鳥・未来編」「ウォーリー」らへんの世界観。
一人残されたロボット・初音ミク。
誰もいなくなった地球のシェルターで目を覚ます。ポストを見ようとするが、手紙が届くわけ無いと、決め付け無視。
過去に男の子から託されたであろう植木鉢で、植物を育てようとするが、なかなか芽が出ない。
「キミ」が植物か男の子か分からないけど、気球に乗って探しに行く。その最中、SF映画やSF漫画に出てくるものたちが出てくる。例えば、自由の女神とか(猿の惑星)。

転調した後が盛り上がる。最後はミクが死にかけて、涙が落ちた植木鉢から出た植物の芽と一緒に天に昇る。そして雲の上で男の子と再開。

気になるのは、最後の手紙。あぁ・・・って思わせてくれる。

これを約五分でまとめた。
ってこと。絵と音で。充分伝わる。っていっても、SFネタを今まで経験しているからなんだけど。
楽しい音なんだけど、悲しい閉塞感がある。う~ん、凄い才能ですな。
どうでもいいけど、スフィンクスのなぞなぞの答えは人間。
破滅から再生の物語。ガビーンです!!!

これをふまえて、ヘッドフォンで聴いてみて。おぉ!!ってなるから。ゲーム世代のミラクルだな。

[PR]
by gigi666 | 2009-12-21 22:26
なんかめちゃめちゃ寒い。ぶるっとするぜよ。
曲をためて、披露した。するとどうだろう。人のあくなき欲というものは、、、
「サンタが街にやってきた」を歌ったところ。「他のは!?」
「Ne-Yo!!」

そうそう。ニーヨなんて、用意してません。ではなく。「ねえよ!!」
だが、前田の熱さはがっしがしに伝わりもうした。

で、、、
「sasakure.UK」氏。

ニコニコ動画での前田のカリスマ。ボーカロイドとDTMを駆使し、名曲を量産。スーパー・セルRYO氏も熱かったけど。今はこの人。

ん~。ささくれさんを野放しにするなんて、日本の音楽業界もたかがしれてるな。ってくらい良い。CD「ラララ終末論」を通販で買うか、どうしよう。ってくらいHIT!
でもね、「ワンダーラスト」「ハロー・プラネット」の2曲はMP3を無料配布されている。勿論GET!!
これは、銀河鉄道ネタの曲。ぶっちゃけ、ワンダーラストの方が好きなんだけど、これも良い。


[PR]
by gigi666 | 2009-12-18 21:19
アメリカ・リーボックのサイトにて。

ポンプフューリーをデザインできると聞き、実際にやってみた。
e0049078_21424036.jpg










e0049078_21435812.jpge0049078_2145476.jpg






なかなか、難しい。なんか普通。まぁ、一回やっただけだし。
配色を考えるだけでも、楽しい。盛り上がる。

でも、購入するとなると、難しい。
手間、手間、手間。
海外向けには販売していない。どうしても手に入れたい人は、代行業者にお願いしないといけない。
リーボック・ジャパンでもできるようにして欲しい。

まぁ、買うかどうかは別だけど。
[PR]
by gigi666 | 2009-12-14 22:04
師走におわす。ということで、何かと浮ついている。


今日は、姉の短大時代の友人が三度目の訪問ということで、前田家もふわふわ。

前田家遅咲きの長男も、朝から城陽・長池・和菓子店「松屋」の芋羊羹を買いに行く。
う~ん、スペシャルな感じがするぜ。

14時くらいに、友人カム。

前田家に鳩が舞い込んで、母が飼おうとしたけど、父がそれを逃がした話だとか。
姉の職場に行って、感動した話だとか。
トランポリンを買うかもしれない話だとか。
ヘルパーさんをチャンジしてもらった話だとか。

まぁまぁ、そういう話をした。大半は介護の話なんだけど。


なんだか、疲れた。

みなさん、やさしい感じで。短大時代の友人は素晴らしいね。
他は全く。比べる分けではないが、人は環境ですな。


やさしさゾーンに居てるのが、短大。それ以外は・・・
[PR]
by gigi666 | 2009-12-13 23:14
その、カバーをアップする。ということで、一人で盛り上がってきた。

アコギ一本で、洋楽を歌う日本人。

狙っている曲が、、、

The Beatles「Across The Universe」
Green Day「Wake Me Up When September Ends」
Green Day「Minority」
Avril Lavigne「Complicated」
oasis「Don't Look Back In Anger」
Jack Johnson「gone」
weezer「Island In The Sun」
Jeff Buckley「HALLELUJAH」
Feist「1234」
Jason Mraz「I'm Yours」

ん~。きりがないなぁ。

これを実行すれば、第二のモテ期がくるな。

実際アップするかは、気分だけど。
[PR]
by gigi666 | 2009-12-12 00:37

弾き語りで、カバーの話

youtubeに弾き語りでカバーしてアップするのは、著作権的にOKらしいので、やってみようかと。

そうすれば、プロモーションになるのではないか。
とまぁ、体たらくな考え。カバーの流れを拒否っていたにも関わらず。

いやいや、それをプロが金を取ってやるっているのはどうよ!?ってことやね。前田は素人だもの。

で、洋楽をコピれば、世界に広がる。一説によると、前田の曲は洋楽風らしいので。

でも細々とやりたいし、がやがやするのもめんどくさい。どうすっかな~。


前田のカバーは斬新だぜ~。無茶苦茶やもん。


僕も好きな曲で、バインダーにストックしている、GREEN DAY「Wake me up when September Ends」。色々聴いたけど、この娘が一番良い。上手かったらええというもんではないね。
pain againの所が好きで、歌いたくなる。


[PR]
by gigi666 | 2009-12-10 00:03