ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー

<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

とは言ったものの

僕は僕の感性を気に入っていて、それで良いと思っている。


普通で良いのであれば、苦労はもっと違う所へ向かう。
つまりは、本やネットに書いてある。

それはそれで、これはこれ。

使い分ければ良い。

僕の感性が行き過ぎたマイノリティであるのであれば、それも良きかな。


画一的でステレオタイプな感性で良いのなら、そんな度量の狭い世界は寂しいぜ、詰まらんぜ。


おぉ!ロミオ!!もっと、寛容たれ!!!



まぁ、面白かったわ。
この流れ。



ガンダムUC。非常に楽しみ。OVA(全6話)らしいが、超楽しみ。
[PR]
by gigi666 | 2010-02-28 22:40
真央ちゃんの涙にもらい泣き。
僕は泣くのは嫌いだし、普段はそんなに泣かない。


でも、今回のはきたね。
トリノ出られなくて、スランプで、でもトリプルアクセルに拘って、男子でジャンプのジャッジの採点が弱いと分かって、ライバルは強力で。

迷うぜ。

トリプルアクセルが評価に繋がるなら、飛ぶ価値も跳ね上がり、モチベーションも上がる。今回は飛んだところで、加点が弱い。

この状況で、「ジャンプ=自分」を信じれるのか。

金を取るために、ジャンプを跳ばない。


カーッ!嫌だ、嫌だ。この流れ。金を取るために、金を取れるように自分を変える(合わせる)。

世の流れ、ってのは大体そうだ。
ニーズに合わさなければならん。誰のためのものだ。
高橋くんもジャンプに拘った。拘りが評価されない。もっというと、上村愛子もトリノでジャンプを拘った。でも、加点が低いから、拘りを捨てた。別の自分を模索した。

金を取るために、拘りを捨てる、変える。

最高の演技って、何ぞ!他人のご機嫌を伺うことか!!そんなことが、世界一なのか。

僕はこの人間臭さが好きだ。そして、大技が好きだ。


[PR]
by gigi666 | 2010-02-27 22:41

創作脳対読解力

連続で、すみません。

最近になって、前田は読解力が乏しいことに気が付いた。
認める。うん、これぞ自覚。残念な我を認める。


どういうことかというと、作ってしまう。創作してしまう。自分の都合の良いように解釈して、自分勝手な答えを生み出してしまう。

文章に書かれてないことを、想像で生み出してしまう。
「きっとそうだ」「たぶんそうだ」「僕が作者ならこうだ」「僕が主人公なら」
みたいな感じで。


僕は、曲や詩を中学生から作り続けてきた。
それで、おかしくなってしまったんだ。


情報を正しく正確に、認識できない。


前田は空想に生きて、妄想の中で踊って、それで良いと思っていて。生み出す側の人間だからと、これでいいのだと、自己肯定し続けた成れの果て。自分で自分を作り上げたんだ。こんな自分を。
独りで盛り上がって、中二病で自慰の二冠。

共有するに、これではいかん。


いたたたた。
はぁ~、残念だわ、痛すぎる前田。
なんとか、修正しないといけないわ。
[PR]
by gigi666 | 2010-02-27 01:03
今日、ギターとボンゴで楽しくセッションした。

僕自身がメインではないので、日陰の男だったんだけど、凄く楽しんだ。
うん、僕が一番楽しんでやる。という気概で望んだ。

上手い人のように、ギターを弾いて。上手い人のように、ボンゴを叩いた。

まぁ、その分、練習はしたんだけれど(だって、暗譜したんだもの)・・・


その結果、ご褒美の言葉を頂いた。
知らない人から、「かっこよかった」って、言ってもらえた。


でへへ。


熱い男と、熱いセッションをして、自分も熱くなった。


楽しかったぜよ。良い、メモリーだった。
[PR]
by gigi666 | 2010-02-27 00:40
野生の福山こと、ゴムです。
楽器弾ける人が居て、曲を作れる人が居て、華のある人が居て。
そして、それを観に行く人も居て。

生ライブだそうですが、やはり生と音源は別物のクオリティーのようで。
しかし、楽器隊は上手い。

この曲は良いです。微笑ましいです。

上手いとか、イケてるとか、そんな風に観ないでくれ。
プライスレスなエンターテイメントがここにはある。

ニコニコ動画も限界かな。なんかずるずるになってきた。


[PR]
by gigi666 | 2010-02-25 21:49
■くさかんむり
また言ってくれたぜ、我が心の代弁者。

最近の音楽は、「音薬」なんだって。楽しむんじゃなくて、世のピープル達は癒しを求めてるとか。
だから表現が安易になってくる。劇的で即効性のある言葉を欲してしまう。
直接的な言い方。
「ひとりじゃない」「そばにいるよ」「勇気を出して」等々。

逆を言えば、それだけ寂しい思いをしているってことなんだろうな。
わかるぜ~。


■思考の整理学
という本が面白いということで、読んでいる。
最初に、「グライダー」と「飛行機」の違いを語っている。
勿論、人間のこと。「グライダー」は飛ばせてもらう人のこと。今の日本の教育は「グライダー」を量産しているとのこと。一方、「飛行機」はエンジンを積んで自分で飛行する人のこと。

僕はまだ途中なので、どっちが良いとか分からん。
自分で全てを決めるというのは、しんどい。
僕は音楽に関しては、ボロくても自らのジェットで飛びたいわいな。


くさかんむりは要らん。



また、今はなんでも「コア」を教えすぎだと。そんなものは、大人になって知るべき時に知るのが一番。自らが求めた時に、知ることで初めて消化できる。


なるほどな~。読みやすいわ。


HONDAのCM曲が気に入ってるんだけど、オリジナルらしくて音源無いらしい。
がっくり。
[PR]
by gigi666 | 2010-02-23 22:27

親知らずを抜いた次の日

血の味がする。


1日中、口の中が血で染まる。朝起きたら、枕に血がべっとり。ぎょえぇ、というリアクション(本当はしてないけど、そんな感じ)。ヘモグロビンでしょうか、凝固作用がありまして。

かぴかぴする。

口の中もそうなんだけど、特に口まわり。気持ち悪い。歯を磨こうにも、痛いし、アグレッシブに磨けない。

と、弱気になって磨かない前田ではない。
だからこそ 磨いてみせよう ホトトギス
まぁ、そんな感じで、1日ですきあらばうがい&歯磨き。清潔な鮮血というやつです。


まめにやっていけば、三日目には普通に近い感覚に戻った。
なんと、素晴らしい回復力。人間の自然治癒力にはびっくり。


いやぁ、びっくり、びっくり。
[PR]
by gigi666 | 2010-02-21 14:26

親知らずを2本抜いた日

本日、親知らずを日本抜いてきた。多分、次回、残りの2本も抜く予定。

ばきばきという音とともに、抜かれた歯。口の中にぽっかりと穴があいている。

前情報で、「ご飯が食べられない」「熱が出るかも」「穴を縫う」「めちゃめちゃ痛い」と、聞いていたのだけれど。
今のところ、痛み止めのお陰で何も無い。
縫ってもいない、、、大丈夫か!?口の中が血まみれ。



昨日&今日、残念なことが起きた。
前田の中途半端な定位置ゆえ、行動が消極的になってしまった。その結果、訳の分からないことになった。
そして、残ったのは、残念な気持ちと周りに迷惑を掛けてしまったという事実。
この情けなさが情けなさを呼ぶ螺旋。煮え切らん。
心には、もっと上手くやれたんじゃないか。と、そればかり。

とりあえず、ダサかった。


上手く立ち回れないあたり、まだまだ。器用さ、フットワークの軽さが出せてなかった。


シュミレーションですな、反省なんて言葉は残念すぎる。もしもの自分でシュミレーション。
[PR]
by gigi666 | 2010-02-18 21:21

路上で敗北感

日曜日、奈良駅前で打ち込み持参で歌ってきた。

初めは、楽しく歌っていた。だけど、途中から二人組みのパントマイムがやって来た。

彼らがパフォーマンスをすると、人がわらわらと集まってきた。
なんと、人だかりができた。

なんと。なんていうか、この敗北感。
前田の前衛的なオリジナルに人が集まるわけもなく、いかんともしがたい敗北感。
そんな面白いこと、しとらんかったで。でも、これでやっていくという覚悟はあったな。

頑張っていただきたい。


景色のようにやってたかったのに。騒がしくなったので、直ぐに止めて帰った。

歌を介して人々と触れ合えるのがいい。僕に群がるのは、小や中の付く輩ばかり。
サービスで「となりのトトロ」を歌ったら、喜んでいた(一番人が集まった、宮崎パワーすげぇ)。
楽しかった、またやろう。


■We Are the World 25 for Haiti
ハイチのチャリティーソング。聴きました??
僕なんかは非常に楽しく聴けたんだけど、駄目な人も居るみたい。
ジェイミー・フォックスが嫌だったり、ラップをみんなで歌うなとか、前の方が良かったとか。
邪な気持ちで聴くんじゃないでしょ。チャリティーなんだから。マイケルも居たはります。
ハイチ出身ワイクリフ(フージーズのリーダーだった人)の頑張りが素敵です(「Sweetest Girl」という曲が熱い)。
ビデオでのスヌープ・ドッグも良いです。とりあえず参加はした的な(後ろの方の背の高い人)。

参加していないJAY-Zは、「マイケルファンとしては、いじってほしくなかった」とのこと。オリジナルで勝負しろよ、ってことだろう。アーティストとして。
JAY-Zはボノと嫁とリアーナで、チャリティーソングを発表してるしね。
[PR]
by gigi666 | 2010-02-16 00:06

マイ椅子ファイナル

一口にオフィス家具といっても、さっぱり。


そこで、前田の心の本棚を見直す。癌・ライター、奥山貴宏氏お勧めの椅子を思い出す。
奥山さんはフリー・ライターで、モノマガジンなどで活動していた人。ものにはかなり詳しい。

デスクワークのユーザーが多いのが、ハーマン・ミラー社「アーロン・チェア」。これが最強の椅子。
奥山さんが愛用していたのは、「打倒!アーロン・チェア」を掲げた、スチール・ケース社「リープ・チェア」。このリープ・チェアにはHDという、日本人向けに作られた小型モデルが存在する。

が、この二つは十万を超える。保障も十年を超える。


これは、ちょいと無理だな。中古でも最低3万はする。それにデザインが、なんていうか重厚で、僕には不釣合い。


前田は、奥山さんファンなので、スチール・ケース社のものを他に探す。

あるある、出てくる出てくる。
僕が思うに、スチール・ケース社はアメリカ産。きっと、リーマンショックで潰れた会社のモデルではないか。だから綺麗で安いのではないか。ってか、そこいらで買えない(売っていない)。

一流会社は、備品も凄いと聞く。みなさんのお勤めの会社の椅子は何処産でしょうか?
このスチール・ケース製のものは、新品で安くて10万する。


しかし、グレードの低いものの中古なら、ネットで一万前後である。

僕が気に入ったのは「プロテジェ」というシリーズ。このシリーズは日本では取り扱っていない。買うとすれば、中古でしか手に入れることが出来ない。が、前田は中古派。

フォルムは気に入っても、座り心地はどうか。
ニトリ、イケア、堀江(家具街)。デスクチェア系を座りまくったが、いまいち。
こんなもんじゃ無いだろう。良い椅子ってのは、こんなもんじゃあよ。


僕が買ったのは「ミハト商会」のプロテジェ・チェア。
かなり綺麗で最高。中古で1万2千円。
■紫×黒。
■肘置きがラバーになっている。
■背もたれがスウェーする。
■キャスター付き。
■ガス上下。
今まで座った中で最高のもの。前田の眼力は間違いない。とりあえず、かっちょええんよね。

これ、かなりお勧めできる。長時間座っていても疲れません。

パソコン?OK。食事?OK。読書?OK。仕事?OK。勉強?OK。
[PR]
by gigi666 | 2010-02-14 22:06