ようこそ、心の模様へ


by gigi666
カレンダー

<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

俳句の門をこじ開けろ

「五月雨や大河を前に家二軒」


与謝蕪村の代表的な句なんだけど、これについて学んだ。
すこぶる楽しかった。
助詞「を」の凄さや、何故二軒なのか、なんていうのにガガンときた。

で、僕の知っている中で最高のインテリジェンスの持ち主と、次の日会うことができたので、思わず訊いてみた。


すると、松尾芭蕉の「五月雨を集めてはやし最上川」や、蕪村、一茶、芭蕉の句について色々と訊けた。
訊ねた以上に訊けた。憶えてないくらい訊けた。

インテリジェンスの塊が言うには、この蕪村の句は想像の話ではないか。というのである。
芭蕉に影響をうけた蕪村は、想像で句を詠んだ。「最上川」みたいな具体的な名詞が無くて、とても抽象的。
絵を描く蕪村は、写実的に句を詠んだ。

なんの。
想像の。

それを、後世の我々が、「ああだ」「こうだ」と話し合う、おかしみ。


他人の想像の風景や思いを、共有しようとする人たち。

少し無理があるのではないかい。


まぁ、僕の場合、作詞に活かせれば。という欲があっての、好奇心なんだけど。

一段と、モテ路線から遠ざかるこの感じ。
[PR]
by gigi666 | 2010-05-30 21:58

ある本による感動の話

今日読んだ本によると、、、

「感動をすると、本来あるうちなる活力が目醒める」

みたいなことが書いてあった。
これは実際そうで、僕の過去を振り返ってみたところ、いつも情熱の発するきっかけは、感動の事象にあったように思う。

しかしながら、それを自発的・計画的に生み出すのは、難しい。

僕もきっと、感動を探しているんだと思う。
だから本を読んだり映画を観たり、人に会って、そして音楽を聴いたり作ったりするんだと思う。

でも、色々なことを知っていくと、慣れてしまって、感動が遠ざかっていく。


自分でも難しいのに、誰かを感動させて、やる気を漲らせることをしたいという野心があるんだから、またまたまたね。となってしまう。


どうしても、ネガティブな世界にのまれていってしまう日常に、モヤモヤしてしまう。


今日も僕は感動を求めて、人の輪の中に入って、ロックソーランなどを踊ってみた。
いい大人が一生懸命練習していたのだけれど、いかんせんやっつけ感をぷんぷん匂ったりしてる。
自分の体力の無さ+自分の能動性の欠如。

すこぶる楽しかったのだけれど、それで満足してしまっている自分。



あ〜、楽しかった。そうやんね、楽しかったよね。
[PR]
by gigi666 | 2010-05-29 23:08
レミオロメン「スターティング・オーバー」という曲のみを、バンドで練習。ボーカルとギターとベースとドラム。僕がベースで、練習が2回。そして本番の超余興。

一回目が終わって、二回目と本番はキーボードが入る。


何が良いって、バンドスコアを貰ったこと。いつもは大抵、耳コピだし、本当にありがたい。
1日、1ページずつ覚えていった。今はもう覚えてしまって、余計なアレンジも加えて、楽しい。
ずっとやりたかった「ブレイク時ベースでハーモニクス」をやれて、感無量。

「好きにやって」と、言って頂いたので、ノリノリ。ドラムの人が上手くて、弾きごこち最高。

「あいつ、ちょっとおかしいんじゃない」ってくらい、本番ノリノリで弾くつもり。


というのも、前回、ベースで参加した時、消化不良だったものでして。
練習嫌いな僕が毎日、最低三回は弾くように心掛けてる。


大好きな「色白」さんのようなスゥイープは出来ないものの、ノリノリには弾く。


次の練習、楽しみだなあ。
[PR]
by gigi666 | 2010-05-26 20:41

いつも笑顔でいいですね

なんて、言われちゃったりする29歳。

まてまて。

これは褒め言葉ですか、違いますか。

A「いつもノーテンキでいいですね」
B「いつも強いハートでニコニコしていて素晴らしいですね」

さぁ、どっち。

人によるよな。
でも、たいていの場合、前者。


勿論、ありがとうございます。
と、言いながら。

あなたはどうですか。
辛気臭い顔で、大変そうですね。


すみません、こんな前田ですみません。

「謝るくらいなら、言うな」と、おっしゃいますか。
いやいや、わたくし。謝ってでも、言いたいのです。
そんな、男なのです。
[PR]
by gigi666 | 2010-05-24 23:37
エース級の種牛。
いったい、幾らするのか。

犬や海老の種の値段を聞いたところ、びっくりした記憶があるもので。
考えられないくらい高額なんだろうな。


韓国と北朝鮮の話。
いやいや、怖いね。50人弱の人が亡くなって。魚雷撃ったりするんやね。
「どこまでやってOKなん」
的な。本当に怖いね。

「何もしない」ってことをどのくらいまで、やるんだろう。



基地はやっぱり要らんね。
陸奥さんや小村さんみたいな活躍を期待するわ。
当時、めっちゃ盛り上がったと思うで。

おやすみ。
[PR]
by gigi666 | 2010-05-24 00:00
パソコンの調子が悪くなっていて、悲しんでいた。

悲しい思いでいっぱいだった。
思い切ってリカバリーをしたところ、元通りになった。

わい・わい・わい。

もうなんかね、新曲をアップ出来ないんじゃないか。
って、思った。



復活してネットの世界を覗いてみると。

今年も、動画をアップして、サマソニ出場。がやっていた。
また、やろうかな。

というより、PRのために、カバーしようかな。
カバーして、再生回数向上を狙ってみようかな。

そうしてからアップしようかな。

そうそう、先日、断腸の思いで「午後」のシーケンスを削除した。「ラップソング」も削除した。
ライブを仮にしたとして、あれらは歌いません。というより出来ません。
なんか、スッキリした。

去年は、「ミュージック」「虹」「ナタリー」「today」
だったので、今年は、、、
「エンドロール」「river」「マイト」「シャイン」
なのだろうか。
いや、ここは敢えて「雨」一曲勝負。というより手抜き。
ていうか、新曲をガツンと。
弾き語りの未発表があるから、それで。

う~ん。

仮に通っても、出ないんだけどね。用事があるから。
個人的な楽しみとして、わっしょいな感じで。



あ、この前、ハギに「雨」のオケだけ聴いてもらったら。
「イントロ~Aメロがビックリするくらい良かった」と言ってくれた。
後半は苦笑い。
歌入りを聴かせたら、失笑だった。

はっはっは、予想通り。
[PR]
by gigi666 | 2010-05-20 22:26

ガンガン、続きます

それだけ面白かった。
ということなんだろうな、ソムリエは。前田の中でヒットだったんだろうな。

僕が良いな。と思ったことは、「言霊」。
音の響きで、伝わる印象がある、と言っていた。
僕自身も、以前から思っていたこと。

ソムリエ・清水さん曰く。
「がぎぐげごは痛い。やゆよは柔らかい」
「だから、癌ではなく、ポンに改名すればいい」

彼なりのユーモアなんだろうけど、ちょっと待ってくれ。朝ロックバンドの名前を知っているか。
そうです。「ギギ」と申します。

「がぎぐげご」に「ん」を付けて、2回続けて言ってみてくれ。

がんがん
ぎんぎん
ぐんぐん
げんげん
ごんごん

どうだい、この躍動感。

本を書いた誰かの言い草だろう。「がぎぐげご」が痛いというのは。

片方から物事を判断してはいけない。もっと、噛み砕いた解釈を。発展させて伝えてくれ。
あなたの信者は、もうこの価値観が植え付けられてしまったよ。


なんて、思いながら聴いて、楽しかった。

最高だぜ、あなたは。
[PR]
by gigi666 | 2010-05-17 20:30

本のソムリエ、再び

大阪で、去年「エチカの鏡」で取り上げられた、「本のソムリエ」と名乗る人の講演に行ってきた。


知っている人と風貌が似ているので、好感を持っていた。
面白い本を面白いように紹介していた。残念ながら、前田は三冊もお薦め本を購入してしまった。

また、ソムリエはこんなことも言っていた。
「95%は大衆。残りの5%になろうぜ」
なるほど。
よくあるパターン。マトリックス的な、何々的な、先導的な。
僕は、大衆には大衆の素晴らしさがあると思っている人間です。が、一方でそれを嫌う部分もあるわけで。

相手を否定して、自分を肯定する言い草に、「うん?!」と思ってしまうわけで。

まぁ、そういった具合に大衆的な、資本的な部分に、反骨してきた人ですから。仕方がない。

ただ僕は、純粋に「良本」をプレゼンして欲しかった。そんなことを言う時間があるのなら、本を紹介して欲しかった。

伊丹にこの人の友達の店があるらしく、良い本が読みたくなったら行こうかな。
店員に絡む。
自分が選ぶと、自分の枠からはみ出ること出来ないし。



ずっと読みたかった「っ」の本を買った。


あきへ
ナンバーワン理論。かもの法則の西田先生の本も紹介してたで。
[PR]
by gigi666 | 2010-05-16 14:56

バレーボールと「。」

真面目で良い人達に混じって、バレーボールをした。

23歳の本当に若いメンズが居た。
「あぁ、本当の若さとは、このことなんだなぁ」
って、思った。
元気もりもりで、眩しく光っていた。

楽しかった。こういうの、好きです。


さて、話変えて。

小説なんかだと、、、
「おはよう」
という具合に「。」は付けない。僕もそれにあやかって、そうしているのだけれど。

学校なんかだと、、、
「おはよう。」
と、「。」を付けることを指導している。

密かに不思議に感じていた。でも、他人に訊いたりネットで調べたりしても、くだらない。
そんな、強引な手段で真実を手にするのは、野暮ってもんだ。本当の知性ってのは、自ら考えることにあるのですから。などと。

うん。
こんなくだらないことは、一人考えるに限る。くだらないことは、くだらないブログのネタにするのが一番。

本来、文章の書き方として、「。」を付けることが正しいとされていた。
でも、ある作家が「。」を略いた。
多分、生きた表現として、流れの中で必要ないと感じたんだろう。
だって、会話には「」が入るし、多くの場合、改行する。
台詞の最後につける「。」なんてものは、形式的なものでしかない。形式美ってあると思うのだけれど、こんなところに美しく人は感じない。
少なくとも、僕は、全く、これっぽっちも、感じない。

そう。
だからといって、どちからに決めろ。って考えも詰まらん。
全てはそれはそれ、これはこれ。
こういったことは、面白がればいい。

では、ネットで調べてきます。
[PR]
by gigi666 | 2010-05-15 11:35
ここ最近の暖かくなったり、寒くなったり具合ってどうよ。

思うに、「季節の変わり目」ってなんぞ。


夏!冬!!
暑い!寒い!!


と、分かりやすいんだけど。
この、春から夏の感じ。
まさに今なんだけど。
これぞ、季節の変わり目、、、なの・・・

いや、違うよな。
春やもん。6月7月なら分かるけど、5月やもん。
変わり目とは言わんよね。でも、変わり目な感じがする。お空がふわふわしとる。


あれ、何が言いたいんだっけ、俺。


そうそう、体調をくずしやすい。

で、季節はかなり、頻繁に、廻る。
んじゃ、崩しまくるやん。って思うの、私。

そこで、崩してなるものかと、気合いを入れる。
気合いを入れて、何をしようというわけでなく、だらだらと気合いを入れる。


五月病なのかしら。
人生を変えるような決断を、皆さんなさって。

そう、まるで、ロックバンドのボーカルが、教師を目指すような(違うか)。

なるのであれば、日本一の政治家に、世界一の政治家に、なっていただきたい。
って、それはどんな政治家ですか。
資本が第一な感じですか。
ダンスグループなのに、ダンスしない感じですか。



よし、頑張るぞ。
[PR]
by gigi666 | 2010-05-12 23:16